2017年10月27日

COK17028.jpgyoyaku.gifCOK17028
仮 名:福(ふく)
引上場所:札幌市動物管理センター
種類・特徴: 白・黒
性 別:オス 体重:kg
推定年齢:2017年10月時点で生後約4ヶ月
猫エイズ(−)猫白血病(−)
3種ワクチン/追加5種ワクチン
去勢済/マイクロチップ


9月1日札幌市動物管理センターに多頭飼育の猫達が放棄されました。
その内のきかん坊なオスの子猫2頭が残り、
収容中に体調を崩し弱っていたため当会で引き取り、
すぐに札幌市内の動物病院を受診しました。
容態から感染症の疑いがあり、検査で猫パルボ偽陽性となりました。
そのため副代表宅で隔離と治療を続けていましたが、
兄弟猫の「幸」は9月17日に残念ながら静かに息を引き取りました。
残された「福」は自力で食餌も取れるようになり、
再検査の結果、猫パルボ感染症の反応が出ませんでしたので、
当会の施設に移ってからも同じく勝気ぶりを発揮しています!
元々多頭飼育だったことや感染症疑いで隔離していたこともあり、
人との関わりが希薄だったためか耳を伏せてシャー!カッ!!と
威嚇し手を出したりします。
それでも固まりながら頭を撫でられる一面がありますので、
これからの環境次第で徐々に人に慣れてくれると思われます。
夜はスタッフが家に連れ帰り人馴れの練習中です(^^)

これからの10〜20年先まで見据えて終生大切な家族として
迎えてくださる方との出会いをお待ちしています。
「幸」の分まで温かな家庭で末永く幸せになれますように・・♪
皆様ぜひ「福」に会いにいらしてください♪

************************************
夜のみスタッフの自宅に連れて帰っていますが
家の中での生活には馴れ、自由に歩き回ったり
気が済むとケージの中で休んでいたりと
家庭の猫と変わりなくマイペースに過ごしています。

相変わらず臆病な性格なので長い時間の抱っこや
近くで目を合わせられることは苦手で、シャーッと
怖い顔で威嚇してきます(^^;)
それでも会に来た当初より表情も優しくなり
人にもだいぶ慣れてきたことを実感できます。

まだ若いですので、これから長い時間を掛けて
人と生活していく中で克服できる事もあるでしょうし
信頼関係を築く事ができる子だと思います。

2018.01.28
************************************

※尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・
感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。
詳しくは以下の譲渡にあたってのページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

*** 当会での様子は下記のレポートをご覧ください ***
◆ 札幌市動物管理センターから来た子猫の福(ふく)☆ 2018.01.20

posted by しっぽ@ねこ at 09:34 | 予約済 | 更新情報をチェックする